どんなときもWiFiのプランについてねとこが解説します

どんなときもWIFIトップ WiFiサービス紹介

どんなときもWIFIトップ

 

どんなときもWiFiってどんなサービス?

株式会社グッド・ラックが提供するサービスで主に下記の3つが売りです。

 

・データ無制限
・海外利用可能
・どんなときもWiFiの名前の由来になったクラウドWiFi仕様

 

俳優の佐藤二朗さんを起用してメディアを使っての広報活動も盛んで、この記事を書いている時点では最も人気があるWiFiの一つです。WiFiサービスを紹介・比較しているサイトの多くがどんなときもWiFiとの比較を元にメリット・デメリットを書いている程、WiFiサービスのデファクトスタンダードと言える状態になっています。

 

どんなときもWiFiはデータ無制限で使える

どんなときもWiFiで最も大きな売りの一つがデータ無制限、つまりデータ使い放題です。

1日3GB、3日7GB、1ヶ月で100GBなどの制限が無いので思う存分インターネットを使うことができます。

 

WiFiサービスの中では無制限と言いながら1ヶ月で100GBあたりを超えると通信制限が入るものもありますが、どんなときもWiFiはそういう制限が入らないので安心して使うことができます。

 

下記に該当する場合は通信速度に制限が入ることがあります。

違法ダウンロード、不正利用、大容量通信によるネットワークの占有を行った場合、通信速度を制限する場合

 

但し月に100GBを超えても制限がかかっていないことは既に明らかになっています。

あまり良い方法ではありませんが、短時間に多くの通信を行っても制限がかかっていないことを検証しているユーザも多くいます。
※こういう事をする方が増えると今後制限がかかる可能性があるのでおすすめはしません。

いずれにしろ通常で使う範囲でのヘビーユーザの通信でも問題無く使えるので、動画をたくさん観たりゲームを長時間やることも問題ありません。

 

ねとこ
ねとこ
どんなときもWiFiは本当の意味でのデータ無制限だから安心!

どんなときもWiFiは海外でもそのまま使える

海外に行く場合は現地でSIMを買うか、イモトのWiFiなどでレンタルする人が多いと思います。

海外でSIMを買うのは慣れている人はかなり安く使えるのでお得です。

でも意外と速度が出なかったり通信が安定しない場合もあります。

私も海外に行ったときに現地の友達と一緒に海外用のルータとSIMを買いましたが、ほとんど繋がらなかった経験があります。

イモトのWiFiは使い勝手が良いのですが、わざわざ取りに行くか前もって配送してもらう必要があるので忙しい旅の前の時には割と面倒です。

どんなときもWiFiの場合は前もって申請したり、海外用のデータ量を前もって購入する必要が無いのでルータを持って行って現地で電源を入れれば使えます。

ここは金額よりもどれだけ楽に便利に使えるかを優先して考えた方がいいと思います。

旅行中にルータの電源を入れていない日は海外用の料金はかからないので、たまにしか使わない人にとってはありがたいですね。
世界107ヶ国に対応しています。

自分の旅行先が対応しているかどうかは公式サイトをご確認ください。

 

どんなときもWiFi

 

どんなときもWiFiはマルチキャリアのクラウドWiFiを採用

DoCoMoとauとSoftBankのトリプルキャリア対応です。

理論的にはDoCoMoの回線とau回線とSoftBankの回線のいずれかが使える状況ならインターネットを使うことができます。
そう考えるとかなりの地域をカバーできますね。

 

3つのキャリアがカバーしている場所の場合はSoftBankの回線を掴んでいることから、SoftBankを優先して使うようになっているのかなと思います。

もしSoftBankの回線で障害が発生しても、他の2つのキャリアのどちらかが大丈夫であればインターネットを使うことができることになります。

ちなみに2019年の夏にクラウドWiFi(クラウドSIM)の障害によって、どんなときもWiFiで長時間インターネット利用不可になりました。

このときはクラウドSIM提供会社側のリソース不足が原因でした。

完全な故障ではなくリソース不足ということもあって、原因特定にとても時間がかかっていました。

またクラウドWiFiの障害ということで対応のナレッジも不足していた感はあります。

 

この様にメリットばかりの様に見えてデメリットもあります。
※とは言えそこまでデメリットという印象はありません。

 

ねとこ
ねとこ

クラウドWiFiって凄そうだけど完全無欠では無いのね。

 

どんなときもWiFiの料金体系について

月額:クレジットカード 3480円 (25ヶ月目~3980円)
月額:口座振替 3980円 (25ヶ月目~4410円)
事務手数料 3000円
解約手数料(1~12ヶ月) 19000円
解約手数料(13~24ヶ月) 14000円
解約手数料(26ヶ月~) 9500円

ポイントは下記になります。

・データ無制限で月額3480円はリーズナブル
・口座振替だとクレジットカード払いより割高。でも口座振替に対応しているWiFiサービスは少ない
・2年間使用するとその後値段が高くなる

 

ねとこ
ねとこ

2年後に月額が変わることを気にする人もいるけど、2年以内にそれ以上のサービスが出る可能性もあるので、まずは2年、もしくは2年程度使ったことを想定して考えるのも良いと思います。

 

どんなときもWiFi運営の対応について

2019年夏の大規模障害の時には結果的に影響は長期化したものの、進捗や調査結果をきちんとサイトへ報告していたことや使えなかった期間の払い戻しをするなどお客様を考えた対応については印象が良かったです。

SNSでもユーザのクレームに対してきちんと対応していることが見受けられます。

 

チャットで塩対応されたという投稿も見られましたが、全体としてはきちんとしているという印象を受けます。

 

ねとこ
ねとこ

人気の良さはサービス面と運営の対応の両方から来ているんですね。

データ無制限のどんなときもWiFiの内容をチェックしたい人はどんなときもWiFiのサイトを確認してください。

 

どんなときもWiFi
※サービスの良さと実績面では定評があります。
 
 
当サイトの基本方針